高温期16日目 妊娠検査薬で薄い判定が…。化学流産の可能性

高温期16日目_妊娠検査薬

りぃ

どうしよう…

もう、本当にやだ…。

高温期16日目を迎えました。

しかし。

まさかの事態がおきました。

りぃ

もう、余裕もないのでいきなりですが妊娠検査薬の画像にいきます

高温期16日目のドゥーテスト

私がこんなにも落胆している理由はこれ。

今朝のドゥーテストの結果です。

高温期16日目のドゥーテストの結果

↓      ↓      ↓

高温期9日目から高温期16日目のを比べてみると…

※動揺していた為、高温期9日目のと11日目のが順番逆になっています…スイマセン。

ん?

んん??

なんか薄くなってる?

りぃ

・・・・・。

見てわかるぐらい、昨日より薄くなっていました。

りぃ

まだ時間が足りなくて薄いだけ!あと数分もすれば昨日より濃くなるはず…

しかし待てど待てど濃さは変わらず。

昨日よりも薄い判定結果になってしまいました。

どうして…

赤ちゃん、どうしたの?大丈夫なの??

頭をよぎるのは化学流産の文字。

りぃ

そんな…

化学流産とは

化学流産とは、受精はしてもその後着床が継続せず妊娠に至らなかった状態の事。

妊娠検査薬では陽性だったけれど、その後陰性になり、数日後に生理が始まったというケースもあります。

化学流産の原因
化学流産が起こる原因の多くは受精卵の染色体異常によるもで、受精卵の段階で運命が決まっていたのかもしれません。初期の妊娠は難しく、自分が何かをしたから、何かをしなかったから流産になるという事ではなく、染色体の異常を防ぐ方法はないので、自分を責めることはありません。

昨日寒い中外で歩き回ったから?

りぃ

そういえば左下腹部がズキズキと痛んで一瞬動きが止まるほど痛かったな…

あれはまさか、赤ちゃんからのSOSだったの?

私のせいだ

赤ちゃん小さな命で頑張ってくれたのに、私の注意が足りなかったから…

化学流産の事。

また、それの原因はどうしようも出来ない事。

頭では分かっていたけれど

やはりどうしても、涙がこぼれそうになります…。

しかし、ぐっとこらえて同じく同時に検査したチェックワンファストの方を見ました。

高温期16日目のチェックワンファスト

高温期16日目のドゥーテストの結果

↓      ↓      ↓

こっちは、濃いまま…。

気になるのは、昨日との濃さの比較です。

高温期10日〜高温期16日のチェックワンファストの経過

おそるおそる比べて見てみました。

う~…ん…。

薄くもなっていなければ濃くもなってないような

濃さはほぼ昨日と同じかな?

りぃ

これは、まだ大丈夫といえるのかな…?

赤ちゃん、まだここにいてくれてる?

お願いだから、いなくならないで!!

チェックワンファストのこの結果のおかげで、少し落ち着きを取り戻しましたが

ドゥーテストの結果があまりにも衝撃すぎて動揺してます。

考えてみると、昨日の夜中3時頃トイレに行きたくなっておしっこをしたんですが

その3時間後に起きての朝6時頃の妊娠検査薬だったので

もしかして尿が薄くて陽性反応も薄くなったとか。

たまたまそうなっただけだ!

りぃ

うん!きっとそうだ!

だって、ドゥーテストより感度のいいチェックワンファストが濃いままなんだから

絶対!絶対大丈夫だ!!

今日はもう外に出ないで家で絶対安静にします。

何が何でもこの子は守ります!

りぃ

ドゥーテストお前なんか嫌いだ!あっちいけ!

検査薬に八つ当たりする私でした…(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × three =